Profile

曽我 逸郎 @長野県 中川村
Itsuro Soga @Nakagawa-mura Nagano
1955年長崎県生まれ。物心つく前に滋賀県に移住。京都大学文学部哲学科卒業。広告会社に入り大阪、中国返還直前の香港、名古屋に勤務。2002年職を辞し、長野県中川村に I ターン移住。市町村合併せず自立の村づくりに頑張ろうという運動の手伝いをしたことが縁となり、2005年村長に。国旗に一礼しない村長としても話題になった。「脱原発をめざす首長会議」、「平和市長会議」、「憲法九条を守る首長の会」メンバー。沖縄、辺野古・高江の米軍基地問題にも関心あり、現地の座り込みなどに参加。日本の民主主義において沖縄だけが唯一誇れる状況にあると感じている。村を挙げてのTPP反対デモ(2011年2月)を仕立て先頭を歩いた。NPO法人「日本で最も美しい村」連合副会長。中川村HP「村長からのメッセージ」では、地方自治の現場からの視点で幅広い問題にコメントしている。ウィキペディアによる紹介はこちら。今の世界の経済的行き詰まりの根本原因は、グローバル資本とその周辺が富を独占的に蓄積し、その他の人々の購買力が枯渇していることにあると考えている。その意味で、ベーシック・インカム制度はシンプルで根本的な再分配制度として研究に値すると感じている。無防備都市条例運動は、軍事抑止力という考えを自治体単位で熟議する機縁になると思う。

しかし、こういった社会的な事柄より先に仏教に関心を寄せてきた。学生時代は臨済宗の居士の会で参禅、就職後は主に書籍によってインド大乗仏教、さらに南伝教典を学び、ヴィパッサナー瞑想合宿に数回参加。無常=無我=縁起こそ釈尊の教えの核心と考えている。村長になって、社会・世界を覆う苦を減らすことに釈尊の教えを役立てられないか、と夢想するようになった。このサイトは、そういう目論みで立ち上げた。

著書と動画など 著書 動画 その他